ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

耳あな型補聴器のヒミツ

オーダーメイド補聴器の特長

リサウンドのオーダーメイド補聴器

オーダーメイド補聴器に望まれることベスト3、それは「音質」「装用感」「見た目」です。これらをバランスよく兼ね備えたオーダーメイド補聴器こそが、理想的な補聴器と私たちは考えています。これまで解放されていた耳の穴に補聴器を装用すると、音の感じ方や肌に触れた感じ、通気の具合などに違和感を覚えるものです。この違和感をできる限り抑え、お客様のご要望に応えるのが「ユアフィット・オーダーメイド」というリサウンドのオーダーメイド補聴器における取り組みです。
私たちはご納得とご安心をお届けする補聴器作りをめざし、多数の独自技術を生み出しています。

a_001

オーダーメイド補聴器のメリット

オーダーメイド補聴器のメリットは大きくわけて3点あります。

音質~自然なきこえ~

耳かけ型は耳の上にかけた補聴器のマイクで音を拾いますが、耳あな型は耳介(一般的に耳と呼ばれている、外に出ている部分)にマイクが収まるため、耳介が本来持っている集音作用などが活かされ、より自然な聞き取りを可能にします。また、この耳介の集音効果により、補聴器を両耳に装用した場合、片耳だけに装用した場合と比べて方向感がより得やすくなります。

装用感~着け心地が良い、眼鏡・マスクと併用しやすい~

01_a

人間の耳の穴(外耳道)は、外から異物が入っても鼓膜に直接当たらないように少し曲がっていますが、「外耳道の太さ」「外耳道の曲がり具合」「外耳道内のしわ」などが個人によって異なるため、作成するオーダーメイド補聴器の形状も個人によって異なります。こうした形状や聴力の個人差を考慮しつつ、お一人おひとりの耳の形に合わせて作製するので、耳にぴったりと収まる装用感を得られます。また、補聴器が耳の中に納まるため、眼鏡やマスクと併用しても邪魔になりません。

見た目~目立たない~

耳の上にかける耳かけ型の場合、短髪の方や髪をアップにすると、後方から補聴器が見えるようになります。一方、超小型耳あな型のCICは耳の奥にすっぽり入るので、後ろからはもちろんのこと、横からもほとんど見えることはなく目立たないようになっています。

01_b_1_f
01_b_2_f