ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

Vol.07 補聴器はどうやって選ぶ?

自分に合った補聴器を使いこなすには

お耳の状態や、手先の器用さ、普段の生活習慣などによってお勧めの補聴器は異なります。まずは補聴器の専門スタッフに相談してみましょう。
補聴器を最初に装用した時は、様々な音が入ってきて「騒がしい」と感じることがあります。しかし、積極的に音を聞こうとすることで克服され、周囲の音から必要な音を聞き取る力もついてきます。こうしたリハビリは補聴器の専門家が、トレーニングをサポートします。

1.補聴器を選ぶ前に 〜試聴の大切さ〜
様々な種類の補聴器からご自身に合ったものを選ぶには、補聴器の専門スタッフに相談し、ご自身で実際に試聴してみましょう。

スタッフに相談

普段なかなか言い出せないちょっとした不安や疑問をぜひ、お聞かせください。

聴力測定

補聴器の正確な調整のために、まずは聴力を測定します。

補聴器の選択

測定した聴力データや使用環境、ご予算に合わせて適切な器種をお選びします。

試聴

聴力に合わせて測定した補聴器で試聴を行います。

調整

補聴器で聞いた音への反応、言葉の聞き取り、違和感によって微調整を行います。

2.補聴器と上手に付き合う 〜音に慣れるコツ〜
補聴器の音に少しずつ慣れるために、まずは短い時間から始めます。装用時間は徐々に伸ばしていきましょう。
  • 家の静かなところで使用

    チャイムの音や新聞をめくる音、扉の閉まる音など、今まで聞こえなかった生活環境音に耳をすませてみるとよいでしょう。

  • 静かなところで一対一で話す

    まずは呼びかけて、それから話しかけてもらいます。はじめに呼びかけてもらうと注意が向き、その後の会話に集中しやすくなります。

  • 慣れてきたら様々な音を聞く

    慣れてきたら4〜5人のグループの会話を聞き、ご自身も会話の中に参加するようにしてみましょう。

1.補聴器を選ぶ前に 〜試聴の大切さ〜
様々な種類の補聴器からご自身に合ったものを選ぶには、補聴器の専門スタッフに相談し、ご自身で実際に試聴してみましょう。
スタッフに相談
普段なかなか言い出せないちょっとした不安や疑問をぜひ、お聞かせください。
聴力測定
補聴器の正確な調整のために、まずは聴力を測定します。
補聴器の選択
測定した聴力データや使用環境、ご予算に合わせて適切な器種をお選びします。
試聴
聴力に合わせて測定した補聴器で試聴を行います。
調整
補聴器で聞いた音への反応、言葉の聞き取り、違和感によって微調整を行います。
2.補聴器と上手に付き合う 〜音に慣れるコツ〜
補聴器の音に少しずつ慣れるために、まずは短い時間から始めます。装用時間は徐々に伸ばしていきましょう。
  • 家の静かなところで使用
    チャイムの音や新聞をめくる音、扉の閉まる音など、今まで聞こえなかった生活環境音に耳をすませてみるとよいでしょう。
  • 静かなところで一対一で話す
    まずは呼びかけて、それから話しかけてもらいます。はじめに呼びかけてもらうと注意が向き、その後の会話に集中しやすくなります。
  • 慣れてきたら様々な音を聞く
    慣れてきたら4〜5人のグループの会話を聞き、ご自身も会話の中に参加するようにしてみましょう。