ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

データで見る補聴器の世界

補聴器の市場

2016年の日本の補聴器出荷台数は561,557台と、出荷台数はこの25年で2倍近くに増加しました。しかし、65歳以上の人口が1990年には1493万人だったのに対し2015年には3388万人と2倍以上の伸びを示しているため、補聴器の普及は高齢者人口の増加に追い付いていません。

耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器の2001年と2016年の出荷台数の比率は、15年間の技術革新が反映され、耳あな型と耳かけ型の比率が逆転しています。

日本では2008年ごろにこの逆転現象が起こりました。オープンフィッティングが2003年に登場したことで、耳かけ型の補聴器がより小さく目立ちにくくなり、外耳道をふさがないので自分の声がこもり難くなったことが耳かけ型補聴器の台数を伸ばすきっかけになったと言われています。
JapanTrak2015の調査では、補聴器装用者416名の内、耳かけ型が183名(44%)、耳あな型が186名(45%)、その他47名(11%)でした。

補聴器の購入先は49%が補聴器専門店、14%が眼鏡店、13%が病院または医師、対面販売ではないインターネット販売が12%、通信販売は7%となっています。あまり知られていない補聴器取扱店ですが、購入経路は様々あります。サービス内容が購入経路によって異なる場合もあり、使用開始後の満足度にも影響してきます。(補聴器の満足度については「第4回 補聴器の満足度」で詳しく見ていきます)