ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

じょうずな補聴器の使い方

補聴器に慣れるって?

補聴器を買って使えばすぐに「きこえ」が良くなると思ったのに効果が実感できない。と使い始めの段階でつまずかれる方が見受けられます。

 

補聴器は難聴そのものを治療する魔法の機械ではなく、あくまでも難聴の人のきこえを助ける補助道具です。補聴器がしっくりとなじむまでには時間がかかりますし、訓練も必要なのですぐにあきらめて、孤独感を感じることはありません。

 

「きこえ」は、きくことに集中し、そして補聴器に慣れることで格段によくなるはずです。ただし、耳に痛みを感じたり、ハウリングがおきたりするときには直ちに補聴器販売員にご相談ください。これらは調整が必要なもので慣れるものではありません。

 

慣れてもらいたいことは、これらの不具合(痛み、ハウリング)などが調整された器種を使用しても感じられる「装用時の違和感」、肉声とは異なって聞こえるというような「音に関する違和感」などです。これら違和感は補聴器を日々、疲れない程度に使い続けることによって次第に慣れていきます。