ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

補聴器の買い方、選び方

「きこえ」について(補聴器をお選びになる前)

ご自身の「聴力」について知っていますか?

年齢と聴力の関係

聴力は一般的に30代を境に衰え始め、特に高音域から低下していきます。

may_01_a

高音と聞き取りの関係

高い音が聞こえにくくなると、言葉の子音を聞き取る力が低下していきます。子音は母音に比べて短く弱く発音され、かつ周波数が広く拡散するため、聞き間違いやすいのです。

日常の「きこえ」について☑チェックしてみましょう。

「聴力」を測定する際は静かな防音室の中で行いますが、普段の生活では様々な音に囲まれた中で、言葉や物音を聞き取ります。こうした日常生活での聞こえ方を「きこえ」と呼んでいます。

may_01_b

テレビを見るとき、家族と同じ音量では聞き取りづらい

may_01_c

聞き間違いが多い

may_01_d

話しかけられたとき、聞き返すことが多い

may_01_e

他の音が重なると会話をうまく聞き取れない

may_01_f

銀行や病院の窓口などで、名前を呼ぶ声が聞こえにくい

これらの項目に一つでも心当たりがある場合は、一度耳鼻咽喉科医にご相談されることをお勧めします。まずはご自身の「きこえ」の状態を正確に知ることが大切です。

どうして音が聞こえるの?-耳のしくみ

may_01_g

耳は「外耳」「中耳」「内耳」の三つの部分に分かれ、どの部分に障害があるかによって難聴の性質が異なります。

外耳…空気振動となって伝わってきた音を効率よく集音し、外耳道で集音した音を増幅しながら鼓膜によって機械的な振動に変換します。

中耳…外耳から伝わり、鼓膜によって交換された機械的振動を大きく増幅します。

内耳…どのような音が入ってきたかを感じ取り、かつその音を電気的な信号へ変換します。その信号が、聴神経を通り、脳へ伝えられます。

難聴にも種類があることをご存知ですか?

伝音難聴

伝音難聴とは、鼓膜の損傷や中耳炎が代表的とされる難聴です。大部分は医学的治療により、聴力を回復させることができます。たとえ難聴が残っても補聴器を使用することで言葉の聞き取りは大きく改善されます。

感音難聴

感音難聴とは、聞き取りにくいだけでなく音の強弱に対する感覚障害や言葉の聞き間違いなどが起こる難聴です。医学的治癒は難しく、補聴器にも高度な処理が要求され、ある程度のトレーニングも要します。

混合性難聴

混合性難聴とは、伝音系、感音系の両方に原因が生じる難聴です。こちらも同様に補聴器の高度な処理やトレーニングを要します。

難聴の種類について詳しくはこちら