ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

音と耳に関する用語

耳小骨(じしょうこつ)

耳小骨は3つの骨から構成されています。鼓膜に付いている骨をツチ骨、中間にある骨をキヌタ骨、内耳(蝸牛)の入口である前庭窓に付いている骨をアブミ骨と呼びます。人体で一番小さい骨がこのアブミ骨です。耳小骨は鼓膜で変換された音の機械振動を増幅して蝸牛内のリンパ液に伝えます。また、耳小骨に付着している2本の筋(耳小骨筋)は、外界からの強大音に対して内耳を守るため、音を減衰させる役割もあります。