ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

難聴と聴力に関する用語

オージオグラム

オージオグラムは聴力図とも言われ、きこえの程度を左右別、周波数ごとに表したもので国際的に定められたものです。周波数ごとに健聴者がやっと聞こえる平均レベルを基準の0dB HLとして、そこからどれだけ低下しているのかを「dB HL」という単位で表現します。値が大きくなるほど、難聴度が高くなります。日本国内では25dB HLぐらいまでが正常とみなされています。