ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

補聴器Q&A

補聴器について、ちょっと気になっていることや
もっと詳しく知りたいこと等、様々な質問に丁寧
にお答えします。

質問5認知症の予防には補聴器が良いというのは本当ですか?

2015年に政府が策定した「認知症施策推進プラン(新オレンジプラン)」では、難聴の早期診断および早期対応として補聴器を装用した活発なコミュニケーションが発症予防につながる可能性があると期待されています。認知症の発症には様々な要因があり、難聴も要因の一つと言われています。聴力の低下に伴い脳に届く音の刺激が減少することで、脳での認知機能が低下する恐れがあることはよく知られています。日本補聴器工業会の調査※1によると、過去1年間で物忘れがひどくなったと回答したのは補聴器装用者64%に対し、非装用者は76%でした。また、アメリカのフランク・リン博士の研究※2によると、難聴度が高くなるにつれ、アルツハイマーの発症リスクは増えるが、軽度難聴でも十分なリスクがあることが報告されています。

認知症の発症を予防するため、コミュニケーションの大切さや、聞き取りの大切さに注目が集まっています。

補聴器Q&A

スマート補聴器を取り扱うお近くの販売店はこちらから。