ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

補聴器Q&A

補聴器について、ちょっと気になっていることや
もっと詳しく知りたいこと等、様々な質問に丁寧
にお答えします。

質問4補聴器は片耳だけ使えば良いのですか?

補聴器は病気などで片耳だけ難聴である場合を除き、両耳に装用した方が良いと言われています。両耳に装用することで音の方向感と距離感が分かり、言葉の聞き取りも向上します。さらに、片目だけで物を見ようとすると疲れてしまうように、片耳だけに頼って聞くと耳が疲れやすくなります。少し専門的な話になりますが、詳しくご説明します。

音の方向感が分かる

低い周波数は左右の耳に届く音の時間差で、高い周波数は左右に届く音の音圧(大きさ)差で方向感を得ています。従って、両耳で音を聞く必要があります。例えば複数での会話で話者が急に変わると、誰が話し手であるかを判断することが困難になる、警報の方向が分からず不安になるなど、騒がしい所での方向感の低下は特に問題となります。

言葉の聞き取りの改善

片耳だけに装用している場合、装用していない側からの言葉は聞き取り難くなります。これは、高い周波数(子音部分)は大人の頭部よりも波長が短く、頭部を回り込んで反対側の耳に届くことが困難なためです。周波数によって補聴器を装用している耳まで届く音と届かない音が出てしまうので、言葉の聞き取りにも影響があります。

騒がしい場所でも聞き取りやすくなる

パーティー会場のようにたくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味ある人の会話や自分の名前などは自然と聞き取ることができます。これをカクテルパーティー効果といい、人間は音を最終的には脳で処理して必要な情報だけを再構築しています。両耳が同じようにしっかり聞こえていないとこの能力は発揮されないと言われています。

片耳だけよりも小さな音で聞き取りやすくなる

両耳に装用することにより、会話程度の声の大きさでは、片耳で聞くよりも約6dBきこえが良くなると言われています。テレビのボリューム1つ分の大きさが約3dBですので、ボリューム2つ分よく聞こえるということになります。

補聴器Q&A

スマート補聴器を取り扱うお近くの販売店はこちらから。