ReSound
メールお問い合わせ
0120-921-102
メニュー メニュー×
  • TOP

Vol.08 補聴器は片耳だけでいい?

両耳の役割

人間の感覚器官の中で、目と耳だけどうして二つあるのでしょうか。それは、方向や距離感を認識するためです。そして音の方向と距離感がわかることで、言葉の聞き取りも向上します。さらに、片目だけで物を見ようとすると疲れてしまうように、片耳だけに頼って聞くと耳が疲れやすくなります。

耳から入ってきた多くの音は、反対側の脳で処理されます。働きの違う左右の脳で処理するので、言葉を理解したり、抑揚のある音を楽しんだりすることができます。
両耳装用すると
音の方向感や距離感が向上します

騒がしい場所でも会話が聞き取りやすくなります

片耳装用より耳が疲れにくくなります

耳から入ってきた多くの音は、反対側の脳で処理されます。働きの違う左右の脳で処理するので、言葉を理解したり、抑揚のある音を楽しんだりすることができます。
両耳装用すると
音の方向感や距離感が向上します

騒がしい場所でも会話が聞き取りやすくなります

片耳装用より耳が疲れにくくなります